2009年05月19日

お母さん〜ごめんなさい!

実はアップル、朝方に裏庭の柵の穴から抜け出てしまい〜冒険に出てしまいました。
もう夫婦真っ青になって探しまわったら、
丁度日曜日の朝は地元の小学校PTAの廃品回収の日で、
幸いな事に多くの目撃者がいて、
近所のPTAや子ども達が「アップル〜あっちにいたよ〜」と、
住宅地の公園に行ったら、メチャ嬉しそうに走り回っていた。

もう〜最悪の事を想定してしまいました。
アップルの事だから、人に噛み付くなんて事は無いとおもったけど、
走り回って、走行中の車に跳ねられたら〜とか。
変な人に捕獲されたら〜とか。

公園で遊ぶアップルをつかまえた途端に、りんごママは不覚にも涙がポロポロ。
人の気も知らないで〜アップルったら、ニコニコしながら、
「あっ!お母さんとお父さんも来てくれた〜遊んでくれるの?」
なんてシッポを振り振り〜♪
しか〜し!私がボロボロと泣く様子を見て、急にしょげかえったアップル。
家に帰って来たら〜この通り。
部屋の隅で大きな身体を小さくしてました。マズイと思ったみたいです。

hi0520.jpg

僅か10分位の時間だったけど、1時間くらいに感じたよ。
アップル〜もういいよ〜猫(笑)
柵を修理しておかなかった私達が悪い。
かなり反省のりんご夫婦でした。
りんご夫婦は割と慎重型のつもり〜つもりでしたが、
ちょっとした油断の隙に〜実感しました。

しか〜し!それから30分後にダブルパンチで、パパの実家から電話〜
おじいちゃん(パパのお父さん)が、胸が痛くて動けないとおばあちゃんから電話。
顔も洗わず着の身着のまま〜車でパパの実家に行ったら、
もう苦しそうに布団にもぐっていて、すぐに救急車呼んで、近くの公立病院に救急搬送。色々な検査を受けて、こりゃあマズイって事で、だけどその病院は日曜日で循環器の先生がいなくて、さらに隣の町の公立病院にDrも一緒に救急車に乗ってくれて、行って「心筋梗塞」の緊急手術となりました。
無事に済みました。
もう、おじいちゃんは64歳。親も昔のように若く無いと実感しました。

それと同じ日曜日の日、地元で高校生と教職員が2名、新型インフルエンザに感染して、さらに火曜日には地元の違う高校の生徒が3名新型インフルエンザに感染とかで、1週間りんごママの働く職場のデイサービスセンターが、閉鎖する事になってしまいました。(あっちゃ〜顔(なに〜)
病院から帰宅して、その連絡を受けて、慌てて職場に行って〜利用者さん全員に、職場の施設長と電話して夜の9時。

だけど、日曜日一日で沢山の事がありすぎて、メチャ疲れました。
今日火曜日も、住宅地の周りは子どもの声も聞かれず、静かです。
これからまた病院に行ってきます。

おじいちゃん〜小さい時にアップルと一緒に寝てくれたね。
リサがあまりにも可愛くて、「くれ!」と言ったおじいちゃん。顔(汗)
今パパの実家には、ミニチュアダックスのカール君がいますが、
救急車が来た時、「キャンキャン」吠えて、おじいちゃんの異変に動揺してた。
入院した夜に、泣き続けるかな?なんて思っていたけど、
おばあちゃんが、カール君に混沌と説明したら、いつもおじいちゃんと寝るカール君は、その夜は大人しくゲージの中で寝てくれたそうです。
救急車の中で、りんごママが見たおじいちゃんの携帯の待ち受け画面は、
息子達でもなく、おばあちゃんでもなく〜
カール君でした。

ニックネーム りんごママ at 10:53| Comment(4) | リサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする